人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夏季休会のお知らせ/坐禅箴 身体と心

東大仏青の夏季休館に伴い、8月中の赤心会の開催はありません。
9月7日から通常通り、第1、第3土曜日に開催します。

***

夏休み前の最後、7月20日に西島老師の提唱聴講は
「現代語訳 正法眼蔵 第5巻」
 27.坐禅箴 本文18ページ
まで進みました。

最終節
南嶽懐譲禅師と馬祖道一禅師の坐禅に関する問答で、南嶽禅師が発したことば。
「人が牛車に乗っていて、車が前に進まないときは、車を叩くのがよいか、牛を叩くのがよいか」

打車:坐禅において肉体を正す、肉体を中心にして進める
打牛:坐禅において精神を正す、精神を中心にして進める

対する道元禅師の解説

打車即是、打牛即是ともいふ、打車もあり、打牛もあるべきか。
打車と打牛と、ひとしかるべきか、ひとしからざるべきか。
世間に打車の法なし。
凡夫に打車に法なくとも、仏道に打車の法あることを知りぬ、参学の眼目なり。
たとひ打車の法あることを学すとも、打牛と一等なるべからず、審細に工夫すべし。
<しかも、肉体こそをまず整える教えを学んだとしても、それは精神を整えることとまったく同じわけではない/同伴しない>
打牛の法、たとひよのつねにありとも、仏道の打牛は、さらにたずね参学すべし。

***

次回9月7日は、20ページ
「大寂無対なる、いたずらに蹉過すべからず」
<馬祖禅師はこれに対して返事をしなかったが、そのことをただ見過ごしてはならない>
より、再開します。

by doutetsu | 2019-07-29 10:14