人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「坐禅と正法眼蔵研究会」4月5月の予定

4月20日は予定通り実施します。
・14時半より坐禅室で坐禅
・坐禅終了後、15時半頃から講義室で故西嶋和夫老師の提唱音声聴講
提唱聴講の範囲は
・テキスト「現代語訳正法眼蔵 第4巻」ー「25 神通 」の途中、201ページ(最終行)から
*当幹事(私)は所用ため欠席となります。


今後も右欄に記載の通り、東大仏青休館日を除く第1、第3土曜日に実施します。
従い、5月4日は仏青休館日のため実施せず、5月は
5月18日(土)のみ
実施となります。

よろしくお願いいたします。

by doutetsu | 2019-04-19 11:05

4月6日の範囲/かつての老師の教えについての質問

4月6日(土)14時から坐禅ののち、西嶋老師の正法眼蔵提唱の音声を聴講します。
テキストは「現代語訳正法眼蔵 第4巻」
範囲は「25. 神通」の冒頭が前回終わり、今回は194頁から。


前回提唱聴講後、参加者から西嶋老師のかつての教えについての質問があり、幹事が老師と過ごさせていただいた知見の範囲内で意見を述べました。

◆ ◆

『西嶋老師はいわゆる「大乗仏教」「小乗仏教」をどう対比されていたか?』

前々回まで聞いた「24. 仏教」の巻にあるように、道元禅師ご自身は経典を尊重される立場から「小乗」に属する故にその経典を軽視する、ということはなかった、というのが西嶋老師の理解。
一方でかつて幹事が「大乗非仏説」のような考え方についてお尋ねしたとき、老師は
「大乗の教えはやはり高度なものですよ」
と言っておられた。移動中のことでそれ以上お聞きできなかったが、深い口調でそう言われた。

『今日やった「神通」の冒頭には、最小単位の中に全世界に匹敵する「事柄」がある、といった、先端の宇宙論に出てくるような考えが出てくるが?(老師の現代語訳ではそれが明快)』

答えにならないけれど、老師は宇宙論や量子物理の本を晩年も読んでおられたのを覚えている。
道元禅師の宇宙観は現代の科学に匹敵するものであった可能性がある、とお考えの風情ではあった。
ただ「贔屓の引き倒し」のような粗雑なことは慎まなければならないし、道元禅師が現代の最新の宇宙論の知識を先取りしていた、と言うことは私どもにはできない。
道元禅師の宗教的天才性がどれだけの射程の「真理」を知悉していたか、していなかったかを、伺い知ること、語ることは私どもにはできないと思う。

◆ ◆ ◆






by doutetsu | 2019-04-05 16:08