人気ブログランキング |

10月21日 正法眼蔵 仏向上事

テキスト 『現代語訳 正法眼蔵』(西嶋和夫著)第5巻 P51より

坐禅の後、講義室にて。参加者8名

■洞山良价禅師-釈尊より38代目の祖師-と弟子の僧との問答の引用から

「真理を体得した後も、日々営々として向上に努力するという事態を体得したら、いくばくか話を語る資格がある」
「語る話はどのようなものでしょうか」
「話している間はお前さんは人の話を聞けない」
「では和尚であれば聞くことができますか」
「私といえども自分が話し終わってから、人の話をきくだけだよ」

この問答に関して、緻密な解説が続く。
悟りを得たらそれで卒業、あとは教えを垂れるだけ、という考え方はまったくない。
日常、話をし、話を聞くという当たり前の行為をきちんと行う。

「真理を体得して後も、日々営々として向上に努力する人というものがあることを知る必要がある」
「いったいどんな人のことですか」
「非仏<それは仏-真理体得者-と呼ぶことすらできない>」

道元禅師解説が続く。
この境地は高祖洞山禅師でなければいい得ない。どれだけ長く修行すれば得られるというものでもない。
坐禅のある生き生きした生活を通して学ばなければありえない。
『いはゆる弄精魂の活計なり』

仏向上人となれと言っているのでも、会いなさいと言っているのでもなく、そういう人がいるということを知りなさい、と言っている。

真実を得た後、さらに向上の努力をする。そのとき仏という名前で呼ぶこともあたらない。
名前で捉えられる事態ではない。
また見た目でわかる状態でもない。
『その非仏というは、脱落仏面目なるゆゑにいふ、脱落仏身心なるにゆゑにいふ』

西嶋老師いわく「偉そうに見える間はほんとうではない」

■枯木法成禅師が衆に示していわく(P63)
「真理を体得した諸先輩といえども、日々営々と向上に努力する事態があるのだということを知ることで初めて説法を行う力量が生れる。
そうした祖師が向上に努力していくとはどういうことか言ってみよ。
たとえていえば、そこらの家の子で、感覚器官も満足ではなく、認識や思惟も欠落していて、真理を把握する素質も無い。
抽象的な真理体得者というような観念に出会えばそれを抹殺し
’祖師’という観念に出会ってもそれを抹殺する。
天上の世界も収容できず、地獄も通れる門がない。そんな人物を知っているか」
間を置いて言う
「お前さんたちの前にいる自分は、頭の良い男ではないし、よく眠ることも眠れば、寝言なども結構いう」

次回は11月4日(土) この問答についての道元禅師の解説-P65-から。
東京大学仏教青年会の会場は回想され、坐禅室もトイレもきれいになり、大変心地良い。
ありがたいことです。
by doutetsu | 2006-10-23 02:36 | 赤心会ゼミ録
<< 11月4日 正法眼蔵 仏向上事... 黙照禅と看話禅 酒井得元師論文 >>