人気ブログランキング |

「坐禅と正法眼蔵研究会」4月5月の予定

4月20日は予定通り実施します。
・14時半より坐禅室で坐禅
・坐禅終了後、15時半頃から講義室で故西嶋和夫老師の提唱音声聴講
提唱聴講の範囲は
・テキスト「現代語訳正法眼蔵 第4巻」ー「25 神通 」の途中、201ページ(最終行)から
*当幹事(私)は所用ため欠席となります。


今後も右欄に記載の通り、東大仏青休館日を除く第1、第3土曜日に実施します。
従い、5月4日は仏青休館日のため実施せず、5月は
5月18日(土)のみ
実施となります。

よろしくお願いいたします。

# by doutetsu | 2019-04-19 11:05

4月6日の範囲/かつての老師の教えについての質問

4月6日(土)14時から坐禅ののち、西嶋老師の正法眼蔵提唱の音声を聴講します。
テキストは「現代語訳正法眼蔵 第4巻」
範囲は「25. 神通」の冒頭が前回終わり、今回は194頁から。


前回提唱聴講後、参加者から西嶋老師のかつての教えについての質問があり、幹事が老師と過ごさせていただいた知見の範囲内で意見を述べました。

◆ ◆

『西嶋老師はいわゆる「大乗仏教」「小乗仏教」をどう対比されていたか?』

前々回まで聞いた「24. 仏教」の巻にあるように、道元禅師ご自身は経典を尊重される立場から「小乗」に属する故にその経典を軽視する、ということはなかった、というのが西嶋老師の理解。
一方でかつて幹事が「大乗非仏説」のような考え方についてお尋ねしたとき、老師は
「大乗の教えはやはり高度なものですよ」
と言っておられた。移動中のことでそれ以上お聞きできなかったが、深い口調でそう言われた。

『今日やった「神通」の冒頭には、最小単位の中に全世界に匹敵する「事柄」がある、といった、先端の宇宙論に出てくるような考えが出てくるが?(老師の現代語訳ではそれが明快)』

答えにならないけれど、老師は宇宙論や量子物理の本を晩年も読んでおられたのを覚えている。
道元禅師の宇宙観は現代の科学に匹敵するものであった可能性がある、とお考えの風情ではあった。
ただ「贔屓の引き倒し」のような粗雑なことは慎まなければならないし、道元禅師が現代の最新の宇宙論の知識を先取りしていた、と言うことは私どもにはできない。
道元禅師の宗教的天才性がどれだけの射程の「真理」を知悉していたか、していなかったかを、伺い知ること、語ることは私どもにはできないと思う。

◆ ◆ ◆






# by doutetsu | 2019-04-05 16:08

第5土曜日は実施しません

坐禅と正法眼蔵研究会ー日本語の会(赤心会)は、当面第5土曜日は休会となります。
次回は4月6日、その次は4月20日となります。
よろしくお願いいたします。

幹事

# by doutetsu | 2019-03-23 10:50 | 活動・連絡

第5土曜日は実施しません

坐禅と正法眼蔵研究会ー日本語の会(赤心会)は、当面第5土曜日は休会となります。
次回は4月6日、その次は4月20日となります。
よろしくお願いいたします。

幹事

# by doutetsu | 2019-03-23 10:50 | 活動・連絡

2019年3月2日「25 正法眼蔵仏教」終了 教えと坐禅

45分の坐禅ののち、西嶋老師提唱音声を聴講。
テキスト「本巻の大意」によれば、釈尊の教えは実践を重視するものであるが、一方で不立文字教外別伝などという表現で経典(抽象理論)を安易に否定する姿勢を批判する巻。
173ページから最後まで。

「しるべし、恒沙の仏教は竹箆払子なり、仏教の恒沙は拄杖拳頭なり」
この世に存在するガンジス川の砂のようにほとんど無数の釈尊の教えとは、目の前にある仏具のような具体的な事物であり、
釈尊の教えがほとんど無数の事象としてわれわれの眼前に展開されたものとは、僧侶の使う杖や振り上げた拳のような具体的事物である

老師提唱録
『ほんとのことが書いてある本がどっかにあると思って、みんな一生懸命見つけているわけです。ただ釈尊の説かれたのは、本当の教えというものは、われわれの日常生活の中にある。われわれがどう生きるかという生き方の中に、本当の教えというものが含まれておる』

最終行
「正法眼蔵を体達せざるは、七仏の法嗣にあらざるなり」
『仏教の理解というのは、頭の中で理解がついた、つかないということではなくて、体で仏教をつかむということが非常に大切なこと。だからわれわれがなぜ坐禅をやるかといえば、体で仏教をつかむことにほかならない』

***

この提唱を行われた当日、冒頭の講話で老師は坐禅についてこう説明されています。
『坐禅というのは考え過ぎ、感じすぎの両方(両端)の状態から抜け出すのがねらい』
『坐禅をやった後、気持ちはなんとなくスッキリする訳でありますが、そうかといって特別にどこがどう変わったとも感じない。そのことはどういうことかというと、自分自身の一番本来の状態に戻ったということ、だから特別のものが何も感じられないということが当然の結果としてあるわけであります』

***

次回は3月16日、提唱聴講は「26 正法眼蔵神通」に入ります。


# by doutetsu | 2019-03-03 09:03 | 活動・連絡

2月16日講義室変更について

16日の赤心会は時間はいつも通り
14:30より坐禅
15:30頃から故西嶋老師の正法眼蔵提唱の音声聴講
を行います。

テキスト「現代語訳正法眼蔵 第四巻」163ページ、「二四. 仏教」の途中からとなります。

なお提唱聴講は講義室ではなく、奥のセミナールームで行います。



# by doutetsu | 2019-02-14 08:27 | 活動・連絡

2月の予定

例月通り、2月2日(土)・16日(土)に実施します。

・14時半より坐禅室で45分間坐禅
・その後講義室で西嶋老師の提唱を聴講。
 ディスカッションを含め17時に修了

となります。
テキストは西嶋和夫著「現代語訳正法眼蔵第4巻」
「二十四巻 仏教」の途中からになります。

# by doutetsu | 2019-02-01 19:08

2019年1月赤心会「24仏教」’教外別伝’批判

本年もよろしくお願いいたします。

1月19日(土)最初の赤心会を実施します。
いつもと同じく
・14時半より坐禅室で45分間坐禅
・その後講義室で西嶋老師の提唱を聴講。
 ディスカッションを含め17時に修了
となります。

前回「23.行仏威儀」が修了し、「24.仏教」に入りました。

テキストp147「24.仏教<本巻の大意>」より
「一部には仏道の実践的な側面を重視するのあまり、その半面である理論的な側面を軽視し、不立文字・教外別伝などという表現を使って哲学否定の主張をするものもある」
本巻はこうした思想に対する道元禅師の批判であり、仏教が実践と理論をともに尊重することを力説するものである。

***
前回時間の関係でテキストp1513行目上部「ーいまだ仏法ならざらん。」で終了しました。
今回は続きの「たとひ教外別伝の謬説を相伝すといふともー」からになります。

テキストは西嶋和夫著「現代語訳正法眼蔵 第4巻」
貸出用もあります。

***
坐禅の仕方について質問されることがあります。
「結跏趺坐あるいは半跏趺坐」が推奨されますが、無理をすることはありませんし、辛ければ足を組み替えることも自由です。
なるべく両膝を畳につけ、体幹を垂直に保つイメージでお坐りください。

「坐禅は習禅にはあらず、ただこれ安楽の法門なり」
 ー普勧坐禅儀






# by doutetsu | 2019-01-15 16:15 | 活動・連絡

12月15日の赤心会

12月15日(土)は予定通り「坐禅と正法眼蔵研究の会」を実施します。
14時半より45分間坐禅。
続いて講義室で西嶋愚道老師の「正法眼蔵」提唱音声を聴講します。
範囲はテキスト「現代語訳正法眼蔵 第四巻」
「行仏威儀」の終盤、142ページからになります。
「行仏威儀」を終え「24.仏教」に入る予定です。

年内の開催はこれで最後で、1月は19日(土)から開始いたします。


# by doutetsu | 2018-12-14 17:26 | 活動・連絡

洞慶院坐禅会 参加者の声

たいへん遅くなりましたが、9月に行った静岡の久住山洞慶院での坐禅会に参加した皆様の「ひと言感想」を掲載します(順不同)


「皆様と一緒に坐禅を楽しむことが出来、何よりの休暇となりました。

本当にどうもありがとうございました。

3年の月日の早さと長さの重みを、沁み沁み感じた坐禅会でした。

また、典座寮の仕事も皆様のご協力のもと、手際よく出来たのではないかと思います(もちろん、ビジタ和尚のご指導を抜きにはとても難しかったと思いますが)。

快く今回の坐禅会を許可してくださった洞慶院方丈様、参加者皆様、すべての方々に心よりお礼申し上げます。

また来年も、お会いしたいものですね」T


「ひさしぶりに洞慶院を訪れ感無量です。気持ちを新たにしました」H M


「ひさびさの洞慶院、ありがたかったです」T Y

「安楽の訪問には、まだまだほど通り坐禅でしたが、皆さんとご一緒にする坐禅は楽しいものだと納得いたしました。

而今、而今の連続、とても充実した有時でした。合掌

又、この様な機会を期待致します」H Y


「カナカナの 一声止んで 朝しじま」Y T


「今度の久々の洞慶院接心を企画して頂きありがとうございました。

実家に帰ったようなぬくもりの中久情を分かちあえて幸せでした。

やはりサンガとは同じ方向をむく同志が集い、学び信念を確かめあうものだと思います」K Y


「気持ちよく、坐れました」I M


「西嶋老師のドーゲン・サンガ全体の集まりを企画してくださり、ありがとうございました。

 来年も年一回は、皆様と集まり坐禅しましょう」Y A


「蜩と雨が交互に屋根を打つこの禅堂のふたたびの朝」E Y


「人と世の中は、色々移ろって行きますが、洞慶院のたたずまいは、昔の記憶のままでありました。
仏法や坐禅の難しい話はさて置き、昔通りに坐禅堂で静かに坐ることができ、それだけで充分良かったと思いました」K G


「洞慶院 懐かしきかな 久住山 わがふるさとの 洞慶院よ」S I


「大変楽しい一日でありました。また来年もよろしくお願い致します」R H


# by doutetsu | 2018-12-04 11:15