<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

即心是仏/修行/イスラム国

12月5日(土)
坐禅室で45分の坐禅ののち、講義室へ。参集者は8名。
「六、正法眼蔵 即心是仏」を2回目で読了しました。
テキストは西嶋和夫著「現代語訳正法眼蔵第一巻」。
最初に幹事のO氏より、ご自身が制作した冊子、「現代語訳正法眼蔵(普及版)第一巻」が配布されました。
正法眼蔵原文と西嶋老師の現代語訳を一文ずつ対照し、さらに「提唱録」からも適宜補足を引用した労作で大変読みやすい副読本です。



西嶋老師による本巻の大意解説<p125>
「仏教の説く真理を簡明に語る一つの言葉として、馬祖道一禅師等によってとなえられ、古くから支那において活用されて来たものの一つに、即心是仏すなわち「今日唯今の意識こそ真理そのものである。」という主張があるが、本巻はこの即心是仏という主張を疑り上げ、大証国師に関する説話を引きながら、道元禅師御自身の解釈を述べられたものである。」

内容を800字以内で要約すると次の通り。
巻頭の一文から。
『仏仏祖祖、いまだまぬかれず保任しきたれるは即心是仏のみなり』
「今のこの心がそのまま仏そのもの、
仏教界の諸先輩が例外なしに保持して来た唯一のものはこれである。
仏教の本来的に重要な教えであるにもかかわらず多くの人に誤解されている。
不滅の霊魂が「仏」であるという誤解であり、これでは仏教ではない。
正しく把握し、実践してきたのは、仏すなわち真理を体得した祖師方のみである。
「即心是仏」の仏とは個々具体的な現実のなかで生きる仏。
『いはゆる正伝しきたれる心といふは、一心一切法、一切法一心なり』
「即心是仏」の心とはなにかといえば、心とは客観世界と同一のもの、客観世界のすべては心と同一のもの、ということ。

⇒意識は対象世界と切り離されては実在しない。
 いっぽう対象世界は個人の意識に映じられなければ実在しない。
 提唱録では次のように解説される。
 「いいかえれば主観と客観とは同時現成、同時消滅であり、
 主観と客観を切り離して、そのいずれかに重点を置く
 唯心論的乃至唯物論に対する仏教的な第三の立場を
 主張している<p273>」

この心を完全に認識体得したならば、世界は一変する。
しかもなおかつ、客観世界と同一の心とは客観世界そのものであって、さらに何かが付け加わるわけではない。
『しかあればすなはち、即心是仏とは、発心、修行、菩提、涅槃の諸仏なり』
心がそのまま仏である、ということの実質的な内容は、真理探究の心を起こし、修行し、真理を把握し、至福の境涯に達したもろもろの真理体得者を指すのである。
「発心修証」。真理を知りたいと願い、修行し、修行を体験すること。
(坐禅をすることは「発心修証」そのもの)
それが「即心是仏」が成立する必要十分条件である。
「即心是仏」を実践し示すのは真理体得者=仏であり、その仏は釈尊と同一の境地にある。



終了後は様々な話題が出ました。

正法眼蔵において「行い/修行」は常に重要であり難所では理解のための補助線となる。
坐禅の最中何をしているかといえば、自分の「存在」を感じている。
老師はやがて世界で仏教が絶対に必要になると言われたが、それは現在どうだろうか。
体系だった「釈尊の本当の教え」といったものを文献でたどることは原理的に不可能。
云々。

話題はイスラム国/IS、テロ、爆撃に及びます。

フランス語を学んでいるという参加者が、そのクラスでパリのテロ時の放送を聞いたときの話をして下さいました。
放送で、フランスでは自爆テロを意味する「カミカゼ」が連呼されていた。
ISの行いも、日本より少し狭いくらいという広大なその支配地を爆撃し続けることも、未来があるとは思えない。
ただ、思い起こすと終戦時小学校4年で竹やりを振っていた自分は、日本が負けるなどとまったく思っていなかった。神の国だと思っていたし、国のために死ぬのは当然だと思っていた。
「そこは同じですよ、だから」



次回は12月19日(土)
年内最後、次の「洗浄」の巻に入ります。
by doutetsu | 2015-12-05 20:58 | 赤心会ゼミ録