<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

西嶋老師の正法眼蔵解明の方法について<その1>

西嶋和夫著「現代語訳正法眼蔵第1巻」の巻頭には『緒論 正法眼蔵解明の方法について』があります。
そこでは、西嶋老師が正法眼蔵の解明、現代語訳にあたって採用した方法に関する特徴が以下の項目で説明されています。

1.飜訳的逐語訳
2.西洋哲学における諸概念の活用
3.体系的な全体的把握
(1)行為的世界観
(2)実存主義的世界観
(3)弁証法的論理
(4)宗教的伝統の裏付け
4.体験を通しての実践的把握

これらは西嶋老師の現代語訳を比類ないものとしている特徴であると考えます。
かつて三省堂書店神保町本店の仏教書のコーナーには、西嶋老師の「現代語訳正法眼蔵」全12巻が常に配架されていました。
その棚には書店員によるカードが貼ってあり「精確無比な現代日本語訳」と書かれていました。また老師の提唱類等も置かれていて、かなりのスペースが老師のご著書にあてられていたことになります。
当時近くのオフィスで勤めていた筆者はここの書店の宗教・哲学のコーナーに行く際はかならずこのカードの貼られた棚の前に立ち、誇らしい気持ちを味わったものでありました。

これからおりにふれ、西嶋老師が正法眼蔵を解明された方法の特徴を理解すべく、この緒論から引用し、ご紹介したいと思います。
今回はまず「1.飜訳的逐語訳」をお読みください。

「正法眼蔵は疑いもなく日本語で書かれた著作である。しかも古来難解の書とされ、殊に道元禅師を讃仰する識者間においてさえ、不可解の書と断定することがむしろ正しい解釈であるとまで誤認され、ひたすら敬遠の対象となってきた理由は何であろうか。その一つの大きな理由は勿論正法眼蔵が内包する思想の次元の高さ、ひいては仏教哲学そのものの次元の高さに求めなければならないであろう。しかしながらそれと同時に、今日我々が正法眼蔵に対して感ずる困難さの一つに、用語の難解さがあると思う。<※続きはMoreをクリックしてください>

More
by doutetsu | 2015-02-23 19:29 | 西島老師について

今後の予定

ドーゲンサンガ赤心会では本日より再び正法眼蔵を最初から読み始めます。
本日2月21日は95巻本正法眼蔵第1巻「弁道話」の冒頭より。
テキストは今までと同じく西嶋和夫著「現代語訳正法眼蔵」第1巻です。
(テキストをお持ちでなくても参加可能です。)

14:30より45分坐禅
その後1時間講読とディスカッション

今後も従来通り第1、2、3土曜日に(仏青の休館日を除く)実施し、幹事の欠席等でテキスト講読が無い場合も坐禅は行う予定です。

よろしくお願いいたします。
by doutetsu | 2015-02-21 09:40 | 活動・連絡

「一百八法明門」第3回、全巻終了。

坐禅ののち、「一百八法明門」の3回目。前回の続きでP171、実践項目の93項目目の「方便是法明門」から。
「方便」は釈尊の教えを説く手段。
<現代語訳p181>「すぐれた教化手段は、宇宙秩序を解明の出発点である。人々が見るところの威風に応じてわが身を現し、教化して一切の真理体得者が説いている宇宙秩序を達成するから」。
97項目目の「福聚」。
「福聚ハ是レ法明門、一切衆生ヲ利益スルガ故ニ」

提唱録の老師解説より。
「「貧しきものは幸いなり」、あるいは「積み深きものは幸いなり」というふうな教えもあるわけでありますが、仏教では、そういうふうな主張ではなしに、幸福というのはけっしてじゃまになるものではない、自分自身が幸福だと感じておるということは、釈尊の教えを勉強し、釈尊の教えをはっきりさせる糸口になる。
なぜならば「一切衆生ヲ利益スルガ故ニ」、自分自身が幸福であるならば、ほかの生きとし生けるものに対しても、さまざまの利益を与えることができる」

余分な私見ですが。
「方便」について思い起こすのは、絢爛豪華な御袈裟を来て儀式に臨む僧侶の姿。あれも衆生に対してみずからの威儀に説得力をもたせるため、という彼らなりの「方便」として、正当化されるのかもしれません。
「福聚」。こぶしを振り上げるから怒りが増す、食べれば食欲が出てくる、ともいいます。それでいけば、他人に利益(りやく)できることがすでに幸せを集めること、という見方もできるでしょうか。

この巻では最後にきてはじめて道元禅師の解説が付されます。
「いま初心晩学の輩のために、これを撰す。獅子の座にのぼり、人天の師となれらむ輩、審細参学すべし。<中略>行者みだりに我慢することなかれ」
この実践徳目の意義を知る者は少ない。まして人に法を説く立場になるならばつぶさに学ばなくてはならない。これを細かい、やかましい教えであって、たとえば「小乗的である」などと見くだし自分の境地に驕りを生じてはならない。

▲○■

これで「現代語訳正法眼蔵」の最終巻まで終了しました。
「現代語訳正法眼蔵第12巻」の最後で西嶋老師は「完結にあたって」という文章で、正法眼蔵の現代語訳に取り組まれた経緯と思いを書いておられます。
「そして筆者は正法眼蔵を解読しまた坐禅を日々実修していく過程において、正法眼蔵において説かれている仏教こそ、釈尊以来、原始仏教、小乗仏教、大乗仏教というように、時代の進展に従って展開して来た仏教思想の根幹に流れている真髄であることを確信した」

▲○■

メモをみると、2002年に老師が東大仏青での提唱を休止されて、その年末より自主サークルの活動として第1巻弁道話から読み始めました。その後紆余曲折を経て、12年間強で95巻+2巻の正法眼蔵全巻を読んできたことになります。
日本が誇る思想的古典である「正法眼蔵」を、ひと文字ひと文字を懸命に追いながら全巻を読み通せたのは、何よりも西嶋老師のおかげであり、また東京大学仏教青年会ならびに「坐禅と正法眼蔵研究会・赤心会」のおかげであり、深く感謝いたします。
by doutetsu | 2015-02-08 15:51 | 赤心会ゼミ録

1月31日「一百八法明門」2回目

坐禅ののち講義室にて「正法眼蔵 一百八法明門」の2回目。
現代語訳と提唱録のご解説をたどっていきました。
道元禅師による『仏本行集経』から引用が大半の巻で、概要は前回記録をご参照ください。

テキスト170ページ。108(項目数は109)の‘法明門’の50番目、「諸入」から。
『諸入ハ是レ法明門、正道ヲ修スル故ニ』。
《感受(感覚器官を通じた刺激、それをそのまま受け入れること)は、釈尊の教えを明らかにする糸口である、なぜならそのことによって正しい教えを実行することができるから》
その後、四念処、四正懃、四如意足、五根、五力、七覚支、八正道の三十七品菩提分法といわれる実践徳目が‘法明門’として列挙されています。
たとえば「正語」。
『正語ハ是レ法明門、一切の名字、音声、語言ハ響ノ如クナルヲ知ルガ故ニ』
《正しい言葉づかいは釈尊の教えを明らかにする糸口である、なぜなら一切のものの名前、人の話す声、言葉は‘響き’であるということを知ることができるから》
西嶋老師は提唱録で次のような解説をしておられます。
われわれの言葉は感情を交え内容をゆがめて語れられる場合が多い。正しい言葉を述べる努力を絶えずしていれば、言葉の中に感情が交じる、偏見が交じるということがなくなる。
「感情を交えずに、あるいは特別の個人的なゆがみを持たせずに、素直に語られた言葉、それが『正語』と呼ばれておるわけであります(提唱録1985年2月28日)」

109項目ある中で『正信』の語が最初と85番目に‘法明門’として2回出てきますが、2度目の述部には『最勝ノ法ヲ得ルガ故に』とあります。
また67項目目では『慧力(直観的な力)』が『二辺ヲ離ルルガ故ニ』‘法明門’、とあります。
関連してここでも西嶋老師は、理想主義の哲学と唯物論的哲学の「二辺を離れ」両者を統合するものである点で、われわれ仏教徒にとってだけでなく、現代において人間の行動基準になる唯一の教えであると、提唱されました。
この日は「六波羅蜜」と呼ばれる6種の徳目の最後、『智度ハ是レ法明門』まで読んで終了しました。

テキストをはなれ、この日は坐禅が初めての方がいたので、西嶋老師の坐禅指導について話をしました。
老師が言われたのはただ背筋を伸ばして坐る、毎日ただやり続けることが大事ということで、それ以外の細かいことはあまり言われませんでした。いわんや数息、公案、警策など余計なものは一切ナシ。
最近の図書のなかで坐禅についてかなり詳細に書かれている藤田一照師の『現代坐禅講義』においても、「坐相」は大切なものであるがそれぞれの人の「結果自然成」であり、ミリ単位で細かく基準に合わせることが正しいとは言えない、坐相-まっすぐ坐ること-に各々取り組むのが望ましいという説明があり、老師の指導と通じるものを感じます。
もちろん、何でもよいということでは決してありません。
筆者がかつて、静岡の坐禅会で前かがみになっていたところ自然に胸をはるよう両肩を後ろから開いていただいた経験を話したところ、Tさんは、肩に力を入れて坐禅をしていたら、老師がそっと両肩に手を置かれて鎮めてくれた経験を話されました。

安楽の法門である坐禅を一人ひとりが大事に坐り続けることが、老師の願われたことに思えます。

▲○■

次回は2月7日(土)。
参加者と相談して、次回は第12巻の「一百八法明門」を終わらせ、早く終わったら巻末の「完結にあたって」など読み、テキストが一巡したことを振り返ることにいたしました。
次々回、2月21日(土)から、第1巻の「正法眼蔵 弁道話」を開始します。
by doutetsu | 2015-02-01 12:42 | 赤心会ゼミ録