<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月16日「梅華」 花開き世界起こる

赤心会ゼミ録

●実施日:110416 ●参加者数:13名
●テキスト:西嶋和夫著 現代語訳正法眼蔵第8巻
●講読範囲:「梅華」第1回 195~212頁
●次回予定:4月30日(土) 同 212頁より、「梅華」続き

坐禅のあと、講義室へ移動し、春休みが明けた本年度第1回は「正法眼蔵梅華」から。
五九、正法眼蔵 梅華.本巻の大意 (テキスト195頁引用)

【道元禅師は、梅の樹や花を非常に愛好された方のようである。正法眼蔵の中に、この梅華の巻があることからもそのことは知られるし、永平広録の中にも梅を詠まれた詩は決して少なくない。また道元禅師の師匠である天童如浄禅師も、きわめて梅を愛された。そのことは、この梅華の巻に引用された如浄禅師のお言葉からも明らかである。
 一般的にいって、これといった特別の娯楽もなく、坐禅の修行に明け暮れる、山中の僧堂生活においては、長い寒さの終わりを告げ、暖かい春の到来を暗示して咲く梅の花が、その美しさ、香り、気品等の面から見て、この上ない慰めを僧侶の人々に与えたのであろう。ただし本巻においては、単に梅の樹や花に対する愛好の念が語られているのではなく、梅という可見的な姿を通して開示される宇宙秩序そのもののあり方を、天童如浄禅師・五祖法演禅師・大原孚上座などの言葉を引用しながら述べておられる。】
■□■
道元禅師のもとに1941年、1942年と天童如浄禅師の語録が到来し、正法眼蔵において爾後その語録からの引用と解説が多くみられるようになった。1943年の日付のある「梅華」の巻における引用は大半が如浄禅師の語録である。

西嶋老師は提唱の際にこの「梅華」も非常に難しい巻である、と話されている。
提唱録を要約すれば

More
by doutetsu | 2011-04-29 17:18 | 赤心会ゼミ録

2011年4月以降の予定について

2011年4月以降の赤心会は4月16日(土)より、通常通りの日程と時間で実施します。

◎日程:毎月第1・第3・第5土曜
   (祝日ならびに東京大学仏教青年館の休館期間を除く)
◎時間:14:30~15:15 坐禅
    15:30~17:00 幹事による「正法眼蔵」講読とディスカッション
    テキストは西嶋和夫「現代語訳 正法眼蔵」

4月16日は第8巻、195頁「梅華」の巻から。

★今年度の西嶋老師による特別提唱については未定です。

<尚、当ブログに掲載される広告はブロガーの意思によるものではありません>
                
by doutetsu | 2011-04-16 10:25 | 活動・連絡