<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

赤心会ゼミ記録 51巻『密語』

「おのれを知るとき密行を知るなり」
【テキスト】西嶋和夫著『現代語訳 正法眼蔵』第8巻
【実施日】2010年5月1日
【講読範囲】51.正法眼蔵「密語」読了 3~20頁
【参加者数】10名
  ※次回15日は西嶋老師「中論」ご提唱。
   正法眼蔵講読は5月29日、テキスト20頁『仏経』になります。

◆ ◆

他の巻同様に難しい巻。同時に美しく、勇気づけられる巻でもある。

■本巻の大意
「密語の密は親密・秘密の密であって密語とは細密・微妙な現実世界のあり方を伝える声にならないささやきをいう。-テキストp3」
『世の中にはふたつの考え方があり、なんでもかんでも神秘的だという考え方と、物質ででききた世界に神秘的なものはなにもない、というふたつの考え方の中間が仏教。/言葉にあらわれない意図を人間は普通に感じ取ることができる。-提唱録』

■原文「いまの道取する世尊有密語、迦葉不覆藏は、<略>匪從人得なり、不從外來なり。不是本得なり、未嘗新條なり」
訳「釈尊は音にならない言葉を述べられ、それを継いだ迦葉尊者は何も隠していない。
この(雲ご禅師の)言明は、他人によって得たものでもなく、外から来たものでもなく、本来備わっているものでもなく、目新しく現れ出たものでもない。」
【解説】坐禅の境地と同じ。自分が坐禅をすることで自分自身の境地を体験する。坐禅をしなくても本来備わっているとはいえない。2千年3千年前に坐禅した人と同じ境地が我々の中にすぐにあらわれてくる。1万年、100万年、1億年前からずーっと続いてきているものが、たまたまここで足を組み手を組み世骨を伸ばすと現れてくる。

続きを読む
by doutetsu | 2010-05-05 12:30 | 赤心会ゼミ録