<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

赤心会 後期第1回 9月16日 坐禅箴 第4回

現代語訳P34 道元禅師が唯一認めるところの、宏智禅師の坐禅箴の引用部。
「仏仏ノ要機、祖祖ノ機要、事ニ触レズシテ知リ、縁ニ対セズシテ照ス」
からはじめ、坐禅箴の引用と、各句をとりあげた道元禅師の解説が行われる。
解説の最後近く
P41「・・・これを奇なりと住持しきたり、了なりと保任しきたるに、我却疑著なり」
まで。


宏智禅師の坐禅箴冒頭。
仏道の肝心かなめである坐禅の、その内容は
『事ニ触レズシテ知リ、縁ニ対セズシテ照す』
すなわち、
具体的な事物を意識すること無く知る
ことであり、
周辺の環境と対峙し、見つめることなくして観照する
ことである。

日常生活では、覚醒していれば意識がある。意識は常に対象を持つ。
それにたいして坐禅の状態は、「意識の対象を持たない覚醒」といえる。

本巻冒頭の、薬山禅師の問答
『不思量底如何ンガ思量セン、曰ク、非思量ト。』

考えない境地を考えるというのはどういうことか、という問いに、
考えることではない、と答えたのは
対象のある思考ではない、と答えたものと「考え」られる。


今回の部分も実に端的、重要な教示が多いが、なるほどなあ、と思ったのは、道元禅師の解説の中の
『言中に向カッテ則を取ルコト莫レ』だ。
「何らかの言葉の中に規則を見つけ出して、それに従って一生懸命行動してはならない<西嶋老師提唱>」
わたしなどは他人の立派な言葉をだらしない自分の戒めにしようと常々思うのだが、決まり文句を使って世の中の現実を判った気になるのは浅はかなことかも知れない。
つまり。
抽象的な言葉のなかに真実を求めてはならない。


ここまで自分の言葉で解説をして、しかし、道元禅師は『我(われ)却(かえ)ッテ疑著(ぎじゃく)ナリ』と言う。
「どうも自分には疑問が出てしょうがない<老師提唱>」と言うのだ。
どんなに素晴らしい坐禅箴ならびにそれに対する自らの解釈といえども、コトバにした瞬間にそれで坐禅の本質を言い得ているか、疑問だ、とおっしゃる。

ここもまた、「真実」を捉えようとする、把握と否定の果てしない往復運動か。


なお、次回9月30日(土)は、赤心会は講義・解説はお休み。14:30からの坐禅だけ行います。
by doutetsu | 2006-09-18 14:52 | 赤心会ゼミ録

生産性新聞 9月5日号「毎朝の坐禅」 転載

社会経済生産性本部発行の生産性新聞9月5日号「ほっとタイム」に掲載された原稿を転載。
知人の依頼で坐禅について何か、と言われ書いてみた。
1200字という制約で、やたら漢字が多く硬い文章になってしまった。
何より西嶋老師について書き足らなかったのが残念だが、この記事を見て何人かにでも関心を持っていただけるのならば、と思い掲載してもった。
■ ■ ■ ■
毎朝起きると、ベッドの横に置いてある丸い蒲団に腰を降ろし、庭に向かって坐禅をする。両足を組み、掌を重ねて親指の先をつけ、目は開き口は閉じ、背筋を伸ばす。
物音や目に入るものも、次々に心に浮かぶ事柄もそのままにし、追いかけない。後悔や不安にかられても、坐禅中は是非や善悪について考えない、という教えに従いただ姿勢を正す。10分20分と坐っていると、雑多な思いや感情の合間に、身心が静まる瞬間を実感する。30分たち、合掌して組んだ足をほどく。
それだけの坐禅を、毎日やる。二日酔いのときも、しみじみとつらさを噛み締めながら坐る。時間が無いときには10分でも、旅先や出張先でも坐る。なんとか毎日坐禅をするようになって約十年たつ。
父の葬儀に禅寺を借りたことで興味を持って読み始めた本のうち、これはと思った著者が東大仏教青年会で正法眼蔵の講義と坐禅指導をしていると聞いて参加した。西嶋愚道和夫老師とここでお会いしなければ、煩悩のカタマリのような私が、坐禅を続けるようにはならなかったと思う。
老師は、戦後東大法学部を卒業し、大蔵省、日本証券金融常任監査役と、実業の道を進みながら道元禅師の「正法眼蔵」全巻の精密な現代語訳を出版された。竜樹尊者の「中論」の梵語原典からの翻訳の他、「仏教・第三の世界観」等多数の著作があり、さらに外国人の弟子とともに出版した「正法眼蔵」英訳に続き、現在は「中論」の英訳、独訳に取り組んでおられる。
前永平寺管長丹羽廉芳禅師より嗣法された師家で、昨年までは顧問であった井田両国堂提供の市川ドーゲンサンガを拠点に、東大仏青、東方学院等各所で指導をされた。現在は外部での指導は引退され、86歳の今日、坐禅と著述の傍らブログを通じた日本語と英語による啓蒙を続け一人暮らしの日々を律しておられる。様々な教えを受けたが、企業の人事担当者の会で言われた「人間を技術的に操作しようとしないこと」という助言は仕事の折に思い返す。
「正法眼蔵」の奥深さ、美しさに魅せられる一方、坐禅を最も重視される老師の指導を受け、怠け者の私も毎日坐ろうと務めるようになった。師の教える坐禅は道元禅師の遺則だけに従う只管打坐で、肩を叩く「警策」も、公案も用いず、息を数えることもない。
現在、師の指導を受けた弟子の多くは、朝晩30分のこうした坐禅を日課としつつ、それぞれ坐禅会や勉強会を継続している。本郷三丁目の東大仏青でも、有志のサークル「赤心会」の名で毎月奇数土曜日の午後、坐禅と正法眼蔵研究の会を継続している。
坐禅の体験は言葉で説明できない独特のもので、常に新鮮。未体験の方は西嶋老師のブログなどを参考に、自宅で坐禅を試されると、各人各様の「実感」があると思う。
【ブログ集】西嶋老師ドーゲンサンガ赤心会幹事
by doutetsu | 2006-09-10 15:36