カテゴリ:doutetsu自己紹介( 1 )

doutetsu/道哲

自己紹介。
職業は、サラリーマン&中間管理職。

無宗教ではないが信仰的要素のない家庭で育つ。父親がなくなったとき、たまたま近所の禅寺を借りて、父の実家の宗派である浄土真宗の僧侶を呼んで葬儀をする。また、初めて家に仏壇が置かれ手をあわせるようになる。さて、これは何をしているのか、と諸々の儀式・様式に疑問を持つ。「発菩提心」というべきか。
仏教関連書を読むうち、西島和夫の著作にいきあたり、明快な論旨に感銘を受ける。
西島先生が講義をしていた東京大学仏教青年会「赤心会」に参加し、坐禅と正法眼蔵の指導を受ける。
あまり若手(当時)がいない中、あれこれ質問をしていたところ、毎夏の坐禅会の幹事をおおせつかる。
その後、仏教哲学の理解は頭だけではできない、という教えに従い、平成6年に受戒。
ちなみにdoutetsuはその受戒名。平成16年より、西島老師が「中論」の再訳に専念するため赤心会の講義をお辞めになった後、ゼミ形式における正法眼蔵購読を幹事代表として担当。

西島先生にならい、西洋哲学の成果を参照しながら、坐禅というメソッドに準拠して仏教哲学の理解を目指しています。
by doutetsu | 2005-04-23 19:16 | doutetsu自己紹介