カテゴリ:西島老師について( 12 )

提唱録にみる西嶋老師の思想

『人間の価値は世の中の基準にあわせてはかられるものではなく
 自分自身として何をするかという行いにある。
 その根底にあるのが仏道であり坐禅』

現在赤心会で聞いている「袈裟功徳」の提唱が行われたのは1979年の2月。
当時ロッキード事件が世間をにぎわせていたため、関連する言及や質疑応答が提唱録に記録されています。

その中で。
社会的な様々な基準は時代によって変わる。そういうものの中に仏道を認めるわけにはいかない。
戦争前は非常に弾圧された思想が戦後大いに羽を伸ばしたというふうに、時代の変化に応じて、いいものが悪くなったり悪いものがよくなったり変化する。
その変化のどちらかをとらえてちらちが正しくてこちらはダメなんだというとらえ方はできない。
そういう趣旨を述べられたあと

「たとえば具体的な例でいえば、戦前に死んだ人で小林多喜二という人がいる。
これは左翼関係の劇を書いたりなんかして非常ににらまれて、獄死したわけだけれども、小林多喜二がああいう思想を持っていたことが正しいとか、偉いとかということではなくて、芸術家として一所懸命自分の作品を書いたということ、そこにああいう小林多喜二なんかの人間としての偉さがあるんであって、それがある時代において非常に迫害を受けたというところに偉さがあるんではなくて、芸術家として、人間として立派に生きたというところに意味があるんじゃないか」

「やはり人間としてああいう生き方をし、ああいう死に方をしたとすれば、非常に優れた、ほかの人には真似のできないような立派な人生だったということもいえないことはない。
それは右の思想とか左の思想とかという、時代によって移り変わる問題じゃなくて、もっと本質的な、もっと人間としての生き方ということにならざるを得ないんじゃないか」

「今日こういう事態が現に生まれておって、その中にわれわれも生きておるという現実、これは否定ができない。そうすると、われわれ自身が現に生きておる根底というものにさかのぼって事態をもう一度見直さざるを得ないということになる。
だから、そういう見直しをするために仏道があり、坐禅があるんだと。
だから、仏道をやる、あるいは坐禅をやるということを離れて、一定の考え方をまず最初に持ってしまって、それで善悪がどう、あるいは因果関係がどうというふうには考えることができない

正法眼蔵提唱録 第二巻上 255-256頁より。
by doutetsu | 2016-10-16 16:35 | 西島老師について

西嶋老師の正法眼蔵解明の方法について<その1>

西嶋和夫著「現代語訳正法眼蔵第1巻」の巻頭には『緒論 正法眼蔵解明の方法について』があります。
そこでは、西嶋老師が正法眼蔵の解明、現代語訳にあたって採用した方法に関する特徴が以下の項目で説明されています。

1.飜訳的逐語訳
2.西洋哲学における諸概念の活用
3.体系的な全体的把握
(1)行為的世界観
(2)実存主義的世界観
(3)弁証法的論理
(4)宗教的伝統の裏付け
4.体験を通しての実践的把握

これらは西嶋老師の現代語訳を比類ないものとしている特徴であると考えます。
かつて三省堂書店神保町本店の仏教書のコーナーには、西嶋老師の「現代語訳正法眼蔵」全12巻が常に配架されていました。
その棚には書店員によるカードが貼ってあり「精確無比な現代日本語訳」と書かれていました。また老師の提唱類等も置かれていて、かなりのスペースが老師のご著書にあてられていたことになります。
当時近くのオフィスで勤めていた筆者はここの書店の宗教・哲学のコーナーに行く際はかならずこのカードの貼られた棚の前に立ち、誇らしい気持ちを味わったものでありました。

これからおりにふれ、西嶋老師が正法眼蔵を解明された方法の特徴を理解すべく、この緒論から引用し、ご紹介したいと思います。
今回はまず「1.飜訳的逐語訳」をお読みください。

「正法眼蔵は疑いもなく日本語で書かれた著作である。しかも古来難解の書とされ、殊に道元禅師を讃仰する識者間においてさえ、不可解の書と断定することがむしろ正しい解釈であるとまで誤認され、ひたすら敬遠の対象となってきた理由は何であろうか。その一つの大きな理由は勿論正法眼蔵が内包する思想の次元の高さ、ひいては仏教哲学そのものの次元の高さに求めなければならないであろう。しかしながらそれと同時に、今日我々が正法眼蔵に対して感ずる困難さの一つに、用語の難解さがあると思う。<※続きはMoreをクリックしてください>

More
by doutetsu | 2015-02-23 19:29 | 西島老師について

老師ご逝去のお知らせ

2010年末より病気療養中だった、西嶋愚道和夫老師が1月28日にお亡くなりになりました。(享年94歳)

ご家族よりご連絡いただき、お通夜、告別式には外国人を含め日本各地より多数の弟子が集いお別れをいたしました。

ご導師を務められた曹洞宗松雲山宗清寺飯島ご住職より、遺弟達が西嶋老師の教えを伝えていくようにとお言葉をいただきました。

合掌
by doutetsu | 2014-02-09 15:56 | 西島老師について

西嶋老師(プロフィール他敬称略)

西嶋和夫(にしじまかずお、1919年11月29日-)日本の仏教者。
大蔵省、日本証券金融等に勤務のかたわら仏教研究を行い、その主著「現代語訳正法眼蔵全12巻」は道元禅師の著した「正法眼蔵」の最初の全巻現代日本語訳である。仏教に関する多数の著書があり、ナーガールジュナ(竜樹尊者)の著作「中論」の日本語訳を出版して以降はその講義と再改訂ならびに英語訳に取り組んでいる。
1973年に永平寺東京別院にて丹羽廉芳老師(にわれんぽう、1985年に永平寺77世貫主)のもとで出家。法名愚道和夫(ぐどうわふ)。1977年同老師より嗣法。
東京大学仏教青年会をはじめ各所で日本人ならびに外国人に坐禅指導と講義を行い、日本はもとよりアメリカ、ヨーロッパ、南米において弟子が活動をしている。

※ご経歴、著書等について今後整理し別途公開の予定です。

★西嶋老師は2010年12月に体調を崩され入院されています。ご家族が連絡・お見舞い等を謝絶されています。
by doutetsu | 2011-01-03 11:43 | 西島老師について

西嶋老師近況

2月13日、ドーゲンサンガ赤心会のKさんHさんとともに、目白の西嶋老師宅にお邪魔した。
年末年始に体調を崩されて病院に行き、また貧血で倒れられたと聞いて心配していたがお会いしたところお元気そうで安心した。
以下は老師のおことばより。

d0034276_15411340.jpg■ ■

1月はナーガールジュナの「中論」の英訳改訂の最後の部分を手掛けていて、体調が悪くなったときは毎日『これを仕上げなければ』と焦る気持ちで仕事をしていた。
それが2月6日に終わったので、一安心している。結果は自分のブログに掲出している。
老師のブログ(英語)⇒http://gudoblog-e.blogspot.com/

中論の翻訳を通じて、釈尊の教えが実在論であることが改めてはっきりした。

現在、世界の文化の中心はアメリカにあり、それが中国、インドに伝わったときに世界は真の意味で安定するだろう。まだ100年はかかるだろうが。

■ ■

中論の英語訳改訂が終わったところで、日本語訳の再改訂はされないのか伺ったところ、「時間があればそれをやってもいいかなと思っている。中論は1節が2行になっていて、さらにその1行が二つに分けられる。次に改訂した際は4行ずつの表記になるだろう」とのことであった。
また、有難いことに、3月からの東大仏青での「中論」ご提唱についても、大丈夫だと思う、とのことであった。

したがって、3月20日(土)より、西嶋老師の2010年度の「中論」特別ご提唱を以下の通り開催します。
範囲は64ページ、第11章「人生の始期と終期に関する検証」より。

◎ テキスト=『根本的な中論の歌』ナーガールジュナ著西嶋和夫訳
◎ 日程=3から11月までの毎月第3土曜日 (8月の仏青休館時を除く)
◎ 時間=15:30~17:45 (14:30~15:15は坐禅会)
◎ 場所=東京大学仏教青年会
     http://todaibussei.or.jp/
by doutetsu | 2010-02-21 15:25 | 西島老師について

祝90歳

11月29日、西嶋老師は満90才の誕生日を迎えられました。
電話でご様子を伺ったところ、大変明るくお元気な声で、
「このあいだまで90歳になれるだろうか、と思っていたので、なれたのはうれしい」
とおっしゃっていました。
赤心会からお贈りした部屋着もお使いいただいているとのこと。
老師の朗らかなお声を聞いて、うれしくなりました。

中論提唱再開は来年3月からですが、その前に先生を囲む会を設定できれば、と考えています。
by doutetsu | 2009-11-30 12:59 | 西島老師について

3月15日第1回西嶋老師「中論」ご提唱@本郷

13時過ぎに幹事Hさんが坐禅堂の準備を終えて数人の参加者と待っておられた。
ご自宅にお迎えに行かれた同じく幹事Sさんから連絡。老師は風邪気味だが行かれるとおっしゃるので、ご提唱時間直前にお連れすると。
次第に参加者が増え、14時20分頃より順次坐禅室で坐禅。
坐禅室は満員になり、座布団をすべて出しても足らず、二人は坐蒲だけで坐っていただいた。数えると29名。老師の席をいれると30が上限ということを初めて知った。
英語の会が終わり、世話役のSさん、英語の会の現在の講師であるドイツ人のGさんと挨拶。お二人も老師の提唱に参加された。山口県宝宗寺よりM老師が到着。
準備があるのでHさんが15時に鉦を鳴らして坐禅を終え、全員講義室に移った。
名簿、テキスト購入申込書を回し、テキストの無い方にコピーを配る。
最後列まで埋まる35人の聴講者。
幹事Sさん、ドーゲンサンガ愛知のSさんと一緒に西嶋老師が来られる。

講義室の準備を整え、老師をお迎えする。袈裟をおつけになり正面へ。
Oさんがお茶を机に置いた。

「それでは開経偈を」と。
往年の東大仏青・赤心会に戻ったような高揚。
ややかすれ声ながらしっかりしたお声で講義を始められた。
今回は人数も多いし録画の便宜もあってマイクをセットした。

最初に「中論」の現代語訳(改訂版)を学ぶ意義の御説明。
「道元禅師の教えを真実の教えとして学んできたが、我々がそれをどれだけ言っても日本の一部の教えといわれる可能性がある。
インドにおいて大乗仏教の体系を完成させた竜樹尊者の主著である「中論」において同じ教えが説かれていることが証明されて、初めて日本を超えた根拠になる」
d0034276_22141643.jpg
第1章第1誦をサンスクリットの単語の意味を一つひとつ説明しながら解説をされた。その後第2誦に入る前に
「仏教の根本的な思想を説明する必要がありますので板書をします」
と立ち上がられた。
ホワイトボードへの板書の内容は。

「苦諦」「集諦」「滅諦」「道諦」
それぞれの下に「観念論/心」「唯物論/体」「行いの哲学」「道義の哲学」のと書かれた。
さらに「交感神経」「副交感神経」「行い」「坐禅」自律神経を逐一解説しながら
この四諦の教えの意味と意義を丁寧に開設されてから第2誦へ。
d0034276_22144698.jpg
講義内容はこのために購入したビデオカメラでHさんが撮影している。

16時45分になり、「質疑の時間を取りましょう」と言われた。
必ず質疑の時間をとられるのも以前と同じである。
3人の質問に再度お立ちになって板書を加えながら答えられた。
その後、普回向を唱えて終了。久しぶりに先生に会った参加者が列を作って挨拶をされていた。
帰りは私がお送りすることにして、本郷通りでタクシーを止め数名の参加者に挨拶を返される老師とともに乗りこみ高島平へ。

車の中で先生の4月の通院と大阪ご巡錫のスケジュール、5月にスゥェーデンから来日してテレビ局用に老師を撮影したいというG氏の日程などうかがった。

「仏教というのはとてつもなく深い、真実の教えだと思うがなかなか広がらない。
「宇宙は神であり、神は宇宙であるということを宗教的/唯心的な人と歩み寄る意味で言っている。またそう思ってもいる。
「残された時間というものについて考えなくてはならないとここ数日思った。
「身体が言うことを聞かなくなってきた。コンピュータに向かったり考えたりするのはできるし、それは楽しい。ブログは9万人くらいが読んでいるらしい。
「ずいぶん時間をかけて仏教を勉強し、書いても来たが、まだしなくてはならない仕事がある。中論の英語訳をこの夏までに在米のB君とともに完成させたい。
「宗門では理論的な追及は難しい。
「欧米に伝えてそこから日本に教えが戻ってくるようにするしかないと考えている。そう思ってドーゲンサンガを作った。
「年を取るということがどういうものかよく判らなかったが、やっとここに来て経験している。その意味ではいい勉強をさせてもらっているとも言える。

車中と高島平のエレベーターの中で概略このような話を伺った。
夕食についてお尋ねするとご飯も炊いてあるしおかずもあるから大丈夫とおっしゃる。
お部屋までお送りしてからおいとました。

先生の提唱を直接聞けることは参加者にとって代え難い喜びである。
反面、今年数えで90歳を迎える老師のご健康への配慮を怠ってはならない、と自戒した。

4月は、5,6日が関西ご巡錫、19日が第2回ご提唱@本郷。
by doutetsu | 2008-03-15 22:16 | 西島老師について

西嶋老師を訪ねて

9月に受戒するH・SさんS・Sさんを、西嶋老師のお宅にお連れした。
お二人の絡子をお渡しして戒名をお願いしたところ、快くお引き受けいただいた。
外国人のお客さんが同じ日に泊まりに来た、ということで客用ベッドが二つになっていた。

受戒の儀式について、関西のGさんが記録をまとめたドーゲンサンガとしての式次第を先生にご確認いただいた。(サンスクリットに次いで勉強しておられるフランス語の書類をどけて)

用件が終わり、最近何冊か読んでみたテーラワーダ仏教について伺ってみた。
私が読むところ、西嶋老師の説く合理的・哲学的でかつ実践的な教えと重なる部分があるように思えたので。
直接的なご回答は無かったが、いろいろとお話が聞けた。

「初期のあり方にこだわっている人たちでしょう。
「大乗仏教の哲学的見地の高さはとてつもないもの。
ナーガルージュナの偉さは釈尊の教えが実在論であることを論証したこと。
観念論も唯物論もある面で正しい、のではなく、両方とも間違いであることを明らかにした。
「道元禅師の教えの中にはおよそすべての仏教的・哲学的観点が一分の狂いも無く明白に書かれている。そしてその中で説かれている実在論は、中論において明白に肯定されている。
「だから道元禅師の教えを学ぶことが今後必要で、それ以外のものはあまり必要ではない。
そう思ってドーゲンサンガを(ブログも含め)続けている。

【質問】教えの正統性を、釈尊が何を言ったかに求めるとすると、初期状態を温存しているのが正統になる。
ナーガルージュナは、釈尊が何を言ったかはともかく、哲学的に正しい体系を構築した、ということだろうか。

「そうではなく、釈尊がおっしゃった真理を論理的に解き明かした、ということ。
釈尊の「山川草木悉皆成仏」という悟り。この実在論を証明したのだ。

「最終的な力を持ちつつある欧米の文化が仏教を学ぶことでステップアップするということにならざるを得ないと思う。
世界はパワーで動く。その趨勢はほぼ決している。

【質問】アメリカ/ブッシュが始めたイラク戦争をどう思うか

「皆忘れているが、あの戦争の直前、世界中不景気だった。あの戦争によって世界景気が回復した
「原爆が落ちなければ日本は戦争をやめなかった

【質問】同じことをアメリカ人も再々言う。
昨日のテレビでアメリカに原爆投下の補償を請求すべき、という仮想マニフェスト討論の番組があった。
原爆に紛争解決の実効力、問題解決力がある手段である、というのが共通の認識である限り、核爆弾の拡散は避けられないと思うが。

「だから唯一のパワーが抑えなくてはならない。
主要国首脳会議は世界連邦のすでにキャビネットになりつつあるんですよ。
ニューヨークで万国旗を掲げて会議をしているは世界連邦の端緒なんです。

【質問】最大のパワーが押さえ込んでもパキスタンやイラクや北朝鮮のような国で作られた核爆弾がテロリストの手に渡ったら終わりでは?

「だから(冷戦時も言っていたように)人間は核爆弾を使うほど愚かではない、と、私はそういう見方です。


質問にお答えいただくうち、だんだんと老師の声は大きく、強くなり、隣室が気になるほどになった。
この問答だけ抜き出すと剣呑に見える部分があるが、弟子・受講者が読めば行間の徹底したヒューマニズムは想像いただけると思う。

S・Sさんの質問に答えて、
「死ぬということは電気が消えるのと一緒。悩みも何も感じようがない。それだけのことです。
私は死ぬことが怖いと思わない。ただ、生きているうちが大事」
とにこやかにおっしゃった。

またこの元気な声のご講義の機会を設けたい、と思いつつ、おいとました。
by doutetsu | 2007-08-13 00:12 | 西島老師について

西嶋愚道和夫老師「中論」改訂版出版・米寿祝賀会報告

2006年11月25日土曜日
如水会館において、標記の祝賀会を開催した。

肌寒いながらも、好天のなか、皇居近くの如水会館に西嶋老師の教えを受けた老若男女、外国人を含む58名が、老師の多年の指導への感謝を込めた午餐の会に参加した。
まず、開経偈を唱えて、開会。

西嶋老師にお願いした冒頭のスピーチから。
『人生でほぼ初めて、昨年より一人暮らしの日々を送っている。
自炊はやっかいながらも、人として避けて通れないものと思い、幸福に暮らしている。
振り返れば、自分の一生は釈尊の教えを広めるということ、それだけをやってきた。
現在まで最も優れた文化は欧米の文化である。
その文化により現代の世界と生活は成り立っているが、しかし、そこでは観念論と唯物論の相克があり、人類はそこから解放されない状態である。
紀元前5世紀頃のインドにも古くからの観念論的教えと新興の唯物論的世界観があったが、それを釈尊が現れて統合する哲学を打ち立てた。
この釈尊の教え、仏教こそが今後の人類社会の問題を解決する原理である。
自分は現在、毎日坐禅をし、ブログで日本語と英語で仏教の啓蒙をしている。
すでに3万人の世界中の人がブログを読んでくれている。
自分は、まさに愚かにもひとすじの道をたどってきたが、真実やるべきと思うことを日々続けてこられ、また、世界に発信する方法を得ることができ、幸せである』

スタジオで記念撮影の後、会場に戻って
山口県宝宗寺ご住職より乾杯のご発声
祝辞は次の4名。
①老師より最初に嗣法を受けたG氏、ドーゲンサンガ大阪開設を宣言
②同じく最古参、関東の弟子の中核であるの弟子K氏。
③福岡から参加した大阪正眼会出身のK氏
④多年の弟子で英語の会で外国人の学習を支援されているS氏
記念品は銀座田屋のカシミヤのカーディガン
贈呈はドーゲンサンガ愛知代表のS氏、花束は女性を代表してKさんから。

西嶋先生から新著「中論」が出席者に寄贈され、時ならぬサイン会になった。

久しぶりに顔を合わせる弟子同士の和やかな交歓が進む中、14時に全員で普回向を唱えてお開きとなった。

先生のお迎えは、関西から前泊したM氏、E氏と町田のYさん。本日の先生の素敵な濃色のスーツはYさんの薦めによるとのこと。
お送りはTさんNさんの両女性。
幹事はドーゲンサンガ赤心会
Hさんは全体幹事であり、ドーゲンサンガニュース制作が間に合って会場で配布することができた。ニュースは好評。
Sさんはあいかわらず会計を引き受けていただき、
Oさんは事前準備を含め受付を担当。
司会は道哲が担当した。

ひっきりなしに参加者から話しかけられ、先生はお疲れだったかもしれないが、お声は相変わらず朗々とお元気で、嬉しかった。
by doutetsu | 2006-11-26 11:15 | 西島老師について

西嶋老師 「中論」改訂版出版/『米寿』祝賀会

今年6月、西嶋愚道和夫老師が近年改訂に取り組んでこられた竜樹尊者著「中論」の現代語訳が完成・出版されました。また、11月に老師は米寿(数え年)を迎えられます。
老師のご指導を受けた方々が集い「中論」出版と老師の米寿をお祝いするとともに、多年にわたるご教導に感謝を捧げる昼食会を開催いたします。

 ■日 程:11月25日(土)
 ■会 場:如水会館
 ■時 間:11:30~14:00

当日は久しぶりに先生に小講演をお願いしています。
すでに各地から参加のお申し込みがありますが、10月14日まで受け付けますので、これからご希望の方は幹事までご連絡ください。

eiki.yanagimoto@gmail.com
by doutetsu | 2006-10-08 15:06 | 西島老師について