楽しく、きちんと、生きて、死にたい

私が、仏教の教えに助けれられながら、生きていくうえで願っていることを一言で言うと、こうなると思う。
仏教は実在論であり、実在する世界を肯定するものであり、因果関係を信じ、来世や輪廻を信じず、日常の行いを重視し、とらわれのない生き方を最上とする。
生まれたとたんに死へ向けた時間が始まる人生において、苦は避けられない。しかし自らと他の人間の存在を肯定しなければ生きられない。
楽しく、きちんと、生きて、死ぬ。
この人間にとっての唯一最上の可能なあり方を、仏教は目指させてくれる。
by doutetsu | 2006-04-16 23:11
<< 神秘とは、単純な日々の生活 我行う、ゆえに宇宙あり。西嶋老師会見 >>